テストエンジニア求人サイト

TOP >> テストエンジニアの基礎知識 >> テストエンジニアに資格は必要?

テストエンジニアに資格は必要?

テストエンジニアには資格が必要不可欠です。テストエンジニアは高度な技術と高いスキルと難解な知識が必要になってくるので、誰にでも出来るものではありません。また、このテストエンジニアがいないとシステムに不具合が起こった場合、例えばそれが重要な官庁や、証券会社等では、その不具合で多大な影響が発生する恐れもあります。そうなってからでは、取り返しのつかない事態にもなりかねません。

そうならない為にも、事前にテストを行って動作に問題がないかを細かくチェックするのがテストエンジニアの仕事になります。大きな責任が伴いますし、スキルも必要なので、JSTQBと呼ばれる機関が実施している、ソフトウェアテスト技術者資格という資格が必要です。このJSTQBとは各国のテスト技術者認定組織によって成り立っている世界的な組織です。

世界的な組織であるメリットは、このソフトウェアテスト技術者資格は、日本で取得すればそれは、世界に行っても通用できるのです。世界的な資格になっているので、その価値はとても高いものがあります。海外の勤務においても、この資格があれば就職できる可能性が飛躍的に高くなっているからです。日本も海外もどの国においても、この資格を有する人は限られており、少ないのが現実です。どの国に行っても重宝される資格になっているので、まさに手に職を持っているという感じです。

テストエンジニア専門のこの資格は、品質保証関連の研究を行っている研究者や、コンサルタントや科学者、そして実績のあるテストエンジニア研究員からJSTQBは成り立っています。ソフトウェアは機械言語を通じて世界各国に配布されるので、日本語や英語の違いは関係ありません。全てはプログラム言語で表現してから、機械語に翻訳されるので世界各国でITの資格は通用するのです。

これはどの業界においても真似のできない大きな特権になっています。グローバル化はますます進んでおり、英語も日常にあふれかえっているし、海外留学も多くなってきています。海外との交流が深まる中で、ビジネスでの交流も当然深くなってきます。世界的に活躍するような資格があれば、今後の世界的な流れの中にも先陣を切って進むことができるので、世界的に通用するソフトウェアテスト技術者資格は非常に重要視されているのです。

テストエンジニアになるには、このようにソフトウェアテスト技術者資格が重要えあり、この資格は3段階の難易度に分かれており、一番上位のAdvanced Levelはまだ実施回数が少ないですが、合格率は10%を切っている状況です。それほどまでに難しい資格なのです。

>>テストエンジニア求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 テストエンジニア求人サイト All Rights Reserved.